fc2ブログ

Entries

雲取山

s-1213.jpg

日時:11/12(土)~13(日)
メンバー:[テント泊] 7名 [小屋泊] 4名
12日:8:30奥多摩駅(バス)~鴨沢9:50~12:30堂所~13:35七ツ石小屋~
   14:15七ツ石山山頂~14:55奥多摩小屋~16:00雲取山山頂~16:30雲取山荘
13日:6:55雲取山荘~テント場7:05~7:20大ダワ~8:10芋ノ木ドッケ~9:00白岩小屋~10:10お清平~10:40霧藻ヶ峰~12:00三峰神社

【12日】
奥多摩駅8:30集合。1台のバスに乗りきれなかったので、2台にわかれて鴨沢へ。
登山口からしばらくすると廃屋が見え、杉林を通っていく。このあたりの紅葉がちょうど見頃できれい。ナナカマドの赤さが目立つ。緩やかな登りが続き、途中七ツ石神社の7つの大きな石に驚いたりしながらののんびり登山。ブナ坂を越えると広くてなだらかな防火帯の道になり気持ちもいい。
が、朝は晴れていた空がだんだん曇ってきて怪しくなってきた。雲取山山頂からは残念ながら何も見えず。
16:30雲取山荘到着。小屋泊組が後ほどテント場に行くことを約束していったん別れた。山荘は満員。ビールは売り切れ。食堂は長蛇の列。何時に夕食になるかわからないので、仕方なくテント組と少しだけ合流。お酒と食べ物をいただいて山荘に戻った。
(皆様ごちそうさまでした。とっても美味しかったです。)
山荘の従業員は至る所で監視しているようで、笑っちゃうくらい注意されまくり。(あきらかに理不尽と思われる注意も...)初心者のお客が多いからだろうか?小屋組は自炊室で宴会後9時就寝。

【13日】
5時起床。朝食を取ってテント場へ。テント組と合流して7:05出発。女坂を通り大ダワを越える。芋ノ木ドッケあたりは鬱蒼とした木々が美しい。途中鹿の親子と遭遇。皆写真タイム。白岩小屋のある場所からは素晴らしい眺望でしばし皆あれは何の山?で話が咲く。だんだん急登になり岩が増えていく。
お清平への途中石灰岩の岩場があり、リーダーやMさんUさんがちょいクライミング。
地蔵峠前に「鳥のさえずり」という看板があり、それによると鳥のさえずりを人間の言葉に置き換えて覚える方法があるそう。例としてウグイス:法華経(ホーホケキョウ)、センダイムシクイ:焼酎一杯グイー(ショウチュウイッパイグイー)等々。ショウチュウイッパイグイーは特にYさんとMさんが気に入り、歩きながら連呼して鳥を呼んでいた。
12時三峰神社到着。ここで興雲閣の温泉に入っていく組とお蕎麦だけ食べて帰る組とOさんのお知り合いの秩父のお蕎麦屋さんに行く組と別れて解散。私はOさんのお蕎麦屋さんへ。三峰神社からはけっこう遠かったが、行ったかいのある美味しいお蕎麦だった。「石橋庵」というお店でご主人にヒマラヤの写真を見せていただき、お土産に柿までいただいた。ひとしきり食べて飲んで帰りは電車でまた宴会。

笑いの絶えない楽しい山行でした。皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

アルプス灯会

Author:アルプス灯会
Since 1975. 今年で48周年

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索