fc2ブログ

Entries

安達太良山

【日程】3月29日(土)-30日(日)
【メンバー】7名 R(L)、K(SL)、T、I、E、M、K
s-1985.jpg

【行程】29日 K号6:00調布駅発、高橋号6:15赤羽駅発~あだたらスキー場 T号10:10着、K号10:35着 スキー場11:05~クロガネ小屋1:20 クロガネ小屋2:00~安達太良下の山頂3:10~上の山頂3:20 下の山頂3:40~牛の背~クロガネ小屋4:35

30日 クロガネ小屋7:50~スキー場9:10

今回の山行は雪山新人のためにRさんが企画してくださいました。
安達太良山をはじめその隣の牛の背、鉄山、箕輪山は中学の林間学校で行った懐かしい山々です。そんな安達太良山を雪の付いた時期に登れるとは!

29日(土)晴れ

K号は午前6時調布駅集合、T号は午前6時15分赤羽駅集合
日曜日から雨になるとの予報が確定した時点で、Rさんが機転をきかせ土曜日のうちに登頂できるようにと時間を1時間早めての集合です。
赤羽発のT号は何事もなく順調でした。K号は途中事故渋滞での遅れも心配されましたが、Kさんの素晴らしい巻きで、なんとかスキー場をクロガネ小屋に向けて11時すぎにスタート。

雪質はややシャーベット状。小屋まではアイゼンを着けずに登りました。
小屋では水が出ないため、全員2リットル以上の水を持っています。自分のザックはたったの15キロ未満。最近、ザックに水を入れて近所を歩いたりしているので家を出るときはとても軽く感じていたはず・・・なのに歩いて1時間ほどしたあたりで脚にきてしまいました。結局、Mさんに2リットルの水と、Rさんにコッヘル、燃料、テルモスを持っていただいてクロガネ小屋にたどりつきました。この時点で1時20分。これから登って、日暮れまでに小屋に帰ってこられるかしら・・・。小屋で休んでいた方がよくないだろうか?心の中にかすかな葛藤が。ですがなんのためにここまで来たのか思い返し、登り始めることに。

小屋から頂上まではアイゼンを着けました。後ろからは楽しげな話し声がずっと聞こえます。みなさん余裕なのですね。私は黙々と歩くだけで精一杯。そのうち脚がつってきました。再びMさんに薬をいただき、おかげでおさまったものの、しばらくするとぶり返しその度にトボトボと歩幅小さくやっと頂上へ。
頂上の札がある場所の上はもうひとつ大きい岩場になっています。Kさん曰く「夏は危ないから登ってはいけないことになっているけれど、雪のときは登れる」とのことで、皆、ザックとストックを置いて、ピッケルに持ち替えて登ることに。

山の一番上には可愛らしい祠があり、やはり下とは一味違う360度見渡せる雄大な眺望です。頂上らしく荒々しい風が吹き渡っていますが、Rさん一言。「これは暖かい方よ」。確かに、厳しいなかにもかすかに春の肌触りがします。帰りは「ピストンは面白くないので牛の背を通って小屋に帰りましょう」ということに。

えっ?牛の背を歩けるの?昔々、級友達と歩いたあの懐かしの・・・。もう胸がいっぱいです・・・。なだらかな斜面の牛の背を過ぎると、硫黄分を多く含むぬかるんだ土の尾根に。アイゼンでネチャネチャと行く度に、この地を踏みしめているのだという感慨がわきます。小屋までの帰りは順調に歩け、明るいうちにクロガネ小屋に戻ることができてほっとしました。

硫黄の色と香り豊かな温泉をいただいた後は待ちに待った宴会。わいわいがやがやというよりは、ゆったり和やかな宴です。みなさんそろって紳士淑女~~~(?!)。Rさん準備のパイタン鍋、キムチ鍋はお肉、野菜、きのこたっぷり。Mさん用意のホットワイン他、持ち寄ったおつまみ、日本酒、ビール、サワーなどなど・・・・。宴会も半ばにさしかかった頃、小屋番の方から「星がきれいですよ」の声が。みな外に出て満点の星を前に「あれはオリオン、あれはひしゃく星」などと顔を夜空に向けて童心に返りました。
9時消灯、就寝。

30日(日)雨

起床6時。
今日は下山だけなのでのんびりです。昨日の鍋の雑炊をたっぷりいただいた後、7時50分小屋出発。

朝からしとしとと雨が降り続いています。みな口々に「昨日のうちに登っておいてよかったよかった」
雪はザラメ状態で霧がかかったようにやや視界が悪い中、アイゼンを着けずに早いペースで下山。途中、Kさんのグリセードのレッスンがありました。Kさんによると「もう少し斜度があればよくすべるのだけど」だそうですが、それぞれ「あれー」などと言いながらすべり降りました。

スキー場で身支度を整えた後、温泉「ヘルシーパルあだたら」&ソースカツ丼「成駒」へ!!丼の蓋が閉まりきらないくらいのカツ丼は、山の疲れを癒すに十分なボリュームで、ロース950円、ひれ1000円のお値段以上でした。

今回の安達太良山は新人ということで声をかけていただきました。自分の課題は未だスタミナ・体力であることが浮き彫りになり、やはり地道な自主歩荷が必要不可欠であることを改めて確認しました。15キロ6時間の山歩きの励行ですね!!!

経験者のKさん、Rさんをはじめみなさんのおかげで登ることができました。荷物を持ってくださったMさん、Rさん。もう少しで着くと励ましてくださった方々、本当にありがとうございました。

また、計画の段階からいろいろと細かく気を配って下さったRさん、長時間運転して下さったKさん、Tさん、お疲れ様でした。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

アルプス灯会

Author:アルプス灯会
Since 1975. 今年で48周年

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索