fc2ブログ

Entries

那須 茶臼岳、朝日岳

那須_朝日岳_s

【日程】2023年1月9日(月・祝)
【天候】晴
【メンバー】4名
【行程】
7:05宿発~7:50峰の茶屋駐車場~(10)~避難小屋9:00~9:38茶臼岳頂上~10:07避難小屋10:20~10:43剣が峰~11:10朝日の肩~11:20朝日岳山頂11:30~12:07避難小屋~13:15大丸温泉登山口

前泊した「ホテルニューおおたか」は、大丸温泉バス停から坂を少し登ってすぐ。那須ロープウェイ駅、峠の茶屋駐車場までのショートカット山道の始点にあって登山者には便利。
夕食は大変美味しくて感じよく、お湯質もよかったのでお勧め。下山時まで荷物は預かっていただける。

那須、茶臼岳は雪山初心者向けルートとして紹介されているが、今回は剣が峰を経て朝日岳まで足を伸ばしたい。前日の天気予報で13mと強風が予想されていたが、風の様子を見ながら茶臼岳だけでも行ってみようとなった。
1月上旬にしては例年より雪が少なめということで、チェーンスパイク装着とストックでスタートした。ショートカット道は遊歩道のような歩きやすい道。峰の茶屋駐車場を横切って再び緩やかな山道へ。
稜線にある峰の茶屋跡の避難小屋は、地図にも示されているように強風の通り道。近づくにつれ強風に晒された。

避難小屋のドアノブ故障でペンチが必要との前情報だったが、応急処置がされ、開けることができた。小屋内は絶えず登山者が出入りしている。木製のベンチと低いテーブルが置かれ、奥にはシュラフで横になるスペースも用意された比較的広くて快適な避難小屋だった。小屋内でバラクラバとフリース、ヘルメットとセルフビレイを装着して茶臼岳頂上を目指した。

確かに13m/sありそうな風で足を上げると風に持っていかれそうな強風。風に身体を向けながら飛ばされないように慎重に進むと、次第に風は少し穏やかになった。茶臼頂上付近は積雪が多かったが、チェーンスパイクだけでアイゼンを付けなくともスムーズだった。
頂上で記念写真を撮ると直ぐに避難小屋まで戻り、行動食と暖かい飲み物を採って今度はアイゼンとピッケルに装備を切り替えた。風は収まっていない。どこまで行けるか分からないが、剣が峰までは行ってみることにした。

剣が峰を巻くトラバース道にトレースはあるが、急斜で雪崩の危険があるため、岩肌が露出した尾根を剣が峰ピークまで登った。眼前に迫る朝日岳も風が強いせいか雪の付きが少ない岩場だ。リーダーは朝日岳を目指すことを決断してくれた。斜面は少し急だが、下りは雪が付いていたので難なく降りることができた。鞍部から朝日岳への道は風も穏やかになり、さほど危険な箇所もなく歩くことができた。

朝日岳頂上からは、茶臼岳、反対側に三本槍岳、遠くの山々の眺めが素晴らしく、晴れて風もなく、もっと滞在したかったが、天候がいつ急変するか分からず直ぐに下山を始めた。途中恵比寿大黒の鞍部から剣が峰を登らず夏道のトラバースを選択した。モコモコ雪の急斜で気温が上がって雪崩の可能性もあるため、一人ずつ慎重に通過した。トラバースを終えると程なく避難小屋、ここでようやく大休止。
避難小屋から離れて下山を始めると嘘のように風が無くなる。あっという間に大丸温泉に帰着した。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

アルプス灯会

Author:アルプス灯会
Since 1975. 今年で48周年

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索